コーヒーの知識や焙煎情報

酸味・さんみ キライ?

s.gakuzan
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
s.gakuzan
仙台・泉ヶ岳で自家焙煎コーヒー屋をやってます。 焙煎は、夫と二人で東京の老舗カフェのカフェ・バッハで勉強しました。田口護先生や中川先生にはお世話になりっぱなしです。コーヒー産地の方々、研修旅行の時はありがとうございました。 四季折々の自然の美しさの中で、コーヒーのおいしさやそれぞれの特徴を表現しています。このブログを通してコーヒーの良さやコーヒーを取りまく文化などを発信していきます。 よろしくお願いします。

こんにちは!岳山珈琲です!

 

日ごろ お客様と接しているとこんなことが多々あります。

 

コーヒーを選んでいらっしゃる時、メニューの中の、酸味と甘さが

際立つ…などという説明をご覧になって、

「わたし酸っぱいのがキライだから酸味のないコーヒーはないの?」

という声をよく聞きます。

 

その時、酸味がまったくないコーヒーなんて

ぜんぜんうまくないんだけどなーって思います。

 

以前、焙煎を失敗してしまったとき、苦みだけで

酸味がまったくないものになり、全て廃棄したことがあります。

味に奥行きがなく、飲んだ時の口の奥に広がる香りも全然ありませんでした。

 

鋭い酸味や渋みのある酸味はロブスタという種類のコーヒー特有の特徴で

多くはインスタントコーヒーや缶コーヒーに使われるものです。

当店で扱っているコーヒーはすべてアラビカという種類のコーヒーなのです。

 

良質なコーヒーは ほどよい酸味をもっていて、

苦みとのバランスが

全体のバランスを決めるといっても過言ではない。

酸味はコーヒーにとって重要な「良い味」の要素なのだ。

(「コーヒーおいしさの方程式」田口護+旦部幸博 より)

 

当店では今年に入ってから店内にWEICOME COFFEE を置いて

ほどよい酸味を味わっていただいています。

どうぞ スペシャルティコーヒーを味わってください。

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
s.gakuzan
仙台・泉ヶ岳で自家焙煎コーヒー屋をやってます。 焙煎は、夫と二人で東京の老舗カフェのカフェ・バッハで勉強しました。田口護先生や中川先生にはお世話になりっぱなしです。コーヒー産地の方々、研修旅行の時はありがとうございました。 四季折々の自然の美しさの中で、コーヒーのおいしさやそれぞれの特徴を表現しています。このブログを通してコーヒーの良さやコーヒーを取りまく文化などを発信していきます。 よろしくお願いします。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© gakuzanブログ , 2019 All Rights Reserved.