コーヒーで豊かな人生を!

コーヒーの香りはどこから感じるの?

    
\ この記事を共有 /
コーヒーの香りはどこから感じるの?

香りと一口に言っても、2種類あるのはご存じ?

 

香りというと、鼻から空気を吸い込んで

嗅ぐ香りを連想しますが、

コーヒーの香りには

鼻から嗅ぐ香り(鼻先香)

だけではなく、

口に含んでから飲み込んだあとも続く

口の奥から鼻に抜ける香り(口中香) 

もあります。

あなたは、コーヒーを口に含み、

飲み干したあとに喉の奥から

鼻に抜ける香りを感じたことはありますか?

 

鼻から嗅ぐ香りをアロマ、口の奥から鼻に抜ける香りをフレーバーといいます。

そして 実は「コーヒーの香りは鼻先で直接感じるよりも、口内側から感じる割合が高い

と考えられます。」

実際にコーヒーを飲んだ時のことを思いうかべると

口にコーヒーの液体を含むと、味と共に鼻に抜ける香りを感じ、

飲み込んだ後もその余韻が残りますね。

その   口に含んで感じる香りと味を総合したものがフレーバー

というわけなんです。」   (「コーヒーの科学」丹部幸博氏)

 

「香り(口中香が多い)」+「味」= フレーバー(香味・風味)

 

香味や風味って、香りと味覚が合わさっているんだね。

 

 

 

Comment

  1. zoritoler imol より:

    You made a number of good points there. I did a search on the issue and found the majority of folks will have the same opinion with your blog.

  2. s.gakuzan s.gakuzan より:

    Thank you.
    I will update the article!

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright©GAKUZANCOFFEEブログ,2021All Rights Reserved.