コーヒーで豊かな人生を!

モカマタリ アラビア半島のイエメンでのコーヒー栽培

    
\ この記事を共有 /
モカマタリ アラビア半島のイエメンでのコーヒー栽培
アラビア半島の西南部の緑が豊かな地域は
Arabia Felix 幸福のアラビアと呼ばれている
これは 幸福であってほしいという願いを込めてだが

アラビア半島

イエメンのコーヒーは生産性が低いコーヒー
マチュピチュは遺跡だけど
イエメンは マチュピチュと同じようなところに人々が生活している
標高は 2567m
コーヒーはテラスワジで栽培される
急な斜面に石を盛り 斜面と石の間に土を入れ テラス をつくる
その土の部分にコーヒーの苗木を植える
天の恵みである雨で育つコーヒー

テラス

またはワジという谷の底の枯川で栽培される
ワジは一見 石と砂だがこの石はもろく 崩れると土っぽくなる
ここは地下水が豊富なため収穫量の過半数はワジによる

ワジ

ここのコーヒーは 鈴なりになったりしない

 

 

 

赤い実が完熟したコーヒー

完熟した赤い実をひとつひとつ収穫し、一般家屋の屋上で乾燥させる

乾  燥

「カート」という葉っぱを栽培すると早く収穫できるし、
手軽に現金化できるためそちらを栽培したがるが
その葉っぱは噛むと気分を高揚させ いい気持になるため
人々が怠け者になって何もしない
そのためコーヒーの収穫を復興させようとしているという
コーヒーは 産地にお金が戻る
世界の子供たちに 人間らしい人生を!!
わたしたちは コーヒー店をやることにより、
知らず知らずに
産地の人々を 微力ながら 支えているのかもしれない
(写真はVOLCAFE の広中氏提供、広中氏のセミナーより)

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright©GAKUZANCOFFEEブログ,2019All Rights Reserved.